寝る前の1杯で不眠解消

寝る前のホットミルク

 

不眠症を改善する飲み物があるなら、毎日の習慣にして少しでも良い眠りを欲しいですよね。

 

もちろん飲み物だけで、不眠症が根本から治るということはあまり期待できませんが、眠りを妨げているイライラやストレスを軽減する成分の含まれるドリンクはあります。

 

そのような飲み物をまとめてみました。

 

いくつかの素材を組み合わせることで最強の眠りサポートドリンクをつくることも可能ですから、最後までお読みください。

 

牛乳

温めたミルクが寝つきを良くする効果があるということはよく知られています。

 

牛乳には、アミノ酸の一つであるトリプトファンという成分が含まれていますが、トリプトファンは睡眠時に多く分泌されるメラトニンというホルモンの原料となります。

 

メラトニンが多く分泌されるほど、心地よい眠りに導かれますが、加齢やストレスによって分泌が悪くなります。

 

そこで牛乳を飲むことでメラトニンの原料を補ってあげることが、良い眠りにつながるというわけです。

 

また牛乳に多く含まれるカルシウムは、イライラを抑えて神経の興奮をやわらげる作用もありますから、睡眠時の不安やストレスを低減してくれます。

 

さらに夜間に搾乳した「ナイトミルク」というものが売られていますが、これは牛が夜間に3〜4倍のメラトニンを分泌するため、ナイトミルクを飲むことで多くのメラトニンを摂取できると言われています。

 

バナナジュース

バナナも牛乳と同じくトリプトファンを豊富に含んでいます。そこで、バナナと牛乳でつくるバナナジュースも睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を助けてくれます。

 

ココア

ココアの苦みの成分でもあるテオブロミンには、自律神経に働きかけてリラックス効果をもたらす作用があります。

 

またココアの含まれるマグネシウムは神経の興奮を鎮めますし、ビタミンB群が疲労回復に役立つので安眠を促進してくれます。

 

ただし、ココアにはカフェインが含まれますから、飲み過ぎると逆に覚醒してしまいます。

 

最強ドリンク「ココアバナナジュース」

睡眠に良い成分を含む牛乳・バナナ・ココアをミックスさせたドリンクがココアバナナジュースです。

 

作り方は簡単で、バナナ一本と牛乳コップ1杯(200cc)、ココア小さじ2をミキサーにかけるだけです。

 

牛乳の代わりに「ナイトミルク」を使うと、もっと良さそうですね。

 

寝る前の1杯で心地よい眠りを。

 

潤睡ハーブで不眠症にサヨナラする方法はこちら