潤睡ハーブの人気の秘密

 

不眠症でお悩みの方に最近話題のサプリメントが潤睡ハーブです。

 

「正直飲み始めてからの爽快スッキリにビックリしました。」など、感動の声が続々と寄せられています。

 

潤睡ハーブ公式サイト

 

潤睡ハーブの公式サイトはこちらへ

 

 

では、潤睡ハーブの人気の秘密に迫ってみましょう。

 

潤睡ハーブはイライラにアプローチする

 

潤睡ハーブは、不眠の一番の原因である睡眠時の不安感や緊張感、ストレスにアプローチします。

 

不眠症は、寝具が合わない、生活リズムが乱れているなど様々な理由で起きますが、それらをきっかけとして生じる「寝ないといけないのに眠れない」という精神的なプレッシャーがかえって眠りを妨げてしまいます。

 

潤睡ハーブは植物由来のハーブの力で、睡眠時のプレッシャーやイライラを軽減するようサポートするサプリメントです。

 

イライラに打ち勝つため次のような成分が配合されています。

 

クロレラ

クロレラは淡水に生息する藻の一種ですが、他の植物と比較しても必須アミノ酸すべてをバランス良く含むスーパーフードです。

 

特に睡眠ホルモンといわれるメラトニンの原料となるのはトリプトファンというアミノ酸ですが、トリプトファンだけを摂取しても他のアミノ酸が不足していると、結果的にトリプトファンの働きは半減してしまいます。

 

その点で、クロレラは他のアミノ酸をバランス良く配合しているため、それだけでトリプトファンを十分に働かせることができる力を持っています。

 

この働きによって、イライラの打ち勝つ休息を与えてくれるというわけです。

 

ギャバ

ギャバはアミノ酸の一種ですが、脳内の血流を活発にしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。このギャバが脳内で不足すると、イライラが起きやすいと言われています。

 

ギャバは深い眠りに入っているときに生成される成分ですから、不眠症の方は慢性的にギャバが不足傾向にあるといえるかもしれません。しかし、ギャバは食べ物によって補うことができます。ギャバは発芽玄米やチョコレートにも含まれますが、潤睡ハーブには独自の技術で高純度のギャバが配合されています。

 

ラフマエキス

ラフマは中国に自生する植物です。ハーブの一種として知られており、「心のビタミン」と呼ばれて古くから精神をいやす生薬として知られています。

 

クワンソウ

古くから眠り草と呼ばれ、沖縄では食材としてよく用いられてきたのがユリ科の植物クワンソウです。最近の研究によっても、クワンソウの含まれるオキシピナタニンという成分が睡眠時にリラックス効果をもたらし、不眠の改善に有効であることが示されました。

 

このように不眠症の改善に役立つ成分をたっぷり含んでいるのが潤睡ハーブなのですが、それだけでなくもうひとつ快適な睡眠に役立つ成分が含まれています。

 

それが、金時ショウガとヒハツです。

 

どちらも体をポカポカ温める成分ですが、心地よい眠りの大敵である寒さや冷えを体の内面から防いでくれます。

 

 

このように睡眠をサポートする心強い成分がたっぷり含まれたサプリメントが潤睡ハーブです。

 

10日間試して実感できない場合は、代金を全額返金してもらえるようですから、リスクなく試してみることができます。

 

潤睡ハーブについての詳しくは以下のリンクをクリックして公式サイトでご確認ください。

 

潤睡ハーブの公式サイトはこちらへ