不眠症の漢方薬

不眠症の漢方薬おすすめ4つ記事一覧

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、不眠症や多汗症・うつ病・高血圧・腎臓病・更年期障害・EDや前立腺炎、動脈硬化・夜泣き・神経症などの病気や症状に効果があります。特にストレスからくるイライラなどの精神症状を鎮めて、心を落ち着かせる効果があり、自律神経を安定させます。このようなことから、精神状態が深くかかわっている不眠症や多汗症、うつ病などの改善に役立ちます。不眠症に対する効果につい...

加味帰脾湯(かみきひとう)が効果的な病気や症状としては、不眠症・うつ病・貧血・自律神経失調症などが挙げられます。加味帰脾湯は、虚弱体質や貧血の改善、心身の疲労感をやわらげる作用があり、不安や緊張感を落ち着かせる働きもあります。このような働きが、精神的なものからくる不眠症にも効果を発揮します。不眠症に対しての効果の詳しくは後半で取り上げます。加味帰脾湯が向いている人以下のような体質や症状の方に向いて...

抑肝散加陳皮半夏(よくさんかんかちんぴはんげ)は、不眠症・うつ病・神経症に効果があるとされています。抑肝散加陳皮半夏には、精神を安定させたり、筋肉をリラックスさせる働きがあり、イライラして眠れなかったり、うつ病や認知症、子どもの夜泣きなどにも向いている漢方薬です、自律神経を整えながら、血を補う働きがあるので、ストレスから生じる身体への影響を取り除くのに適しているのです。イライラすることが多く寝付け...

酸棗仁湯(さんそうにんとう)は、不眠症やうつ病に効果のある漢方薬です。昔から漢方の睡眠薬として用いられてきました。特に高齢の方などで、体力の衰えや心身の疲労で眠れないときに用いられます。酸棗仁湯が向いている人以下のような体質や症状の方に向いています。・体力があまりなく、心身の疲労がある・神経過敏・のぼせ感がある・不眠や眠気を感じることが多い・疲労倦怠感がある・手足のほてりを感じる・不安や焦燥感があ...